西村経産相 福島視察「原発処理水の放出 風評被害対策に全力」

西村経済産業大臣は、就任後初めて東京電力福島第一原子力発電所を視察したほか、福島県の内堀知事と会談し、来年春ごろに予定されている処理水の放出に向けて、風評被害の払拭(ふっしょく)などに全力を尽くす考えを示しました。

西村大臣は18日、就任後初めて福島第一原発を視察し、東京電力側から廃炉作業の進捗(しんちょく)や、来年春ごろに予定されている放射性物質を含む処理水の海への放出に向けた準備状況などについて説明を受けました。
このあと西村大臣は福島県庁で内堀知事と会談し、「廃炉や汚染水の対策、それに福島の復興は岸田政権にとって最重要課題だ。処理水の放出に伴う風評被害の防止や避難指示が解除されたあとのなりわいの創出などさまざまな課題に全力で取り組んでいきたい」と述べました。

これに対して内堀知事は、帰還困難区域で避難指示が解除されたあとの住民の帰還に向けて、生活環境を整備することなどを要請しました。

そのうえで、処理水の海洋放出について「深刻で複雑、そして難しい課題だ。ぜひ大臣として漁業者との信頼関係を構築してもらいたい」と述べました。
会談のあと、西村大臣は記者団に対し「廃炉や処理水の問題に真っ正面に取り組まないといけないという思いを強くした。処理水の海洋放出については、科学的なデータも示しながら風評被害対策を徹底することで、疑問や懸念の払拭に取り組んでいきたい」と述べ、風評被害の払拭などに全力を尽くす考えを示しました。