東北 北海道など局地的に激しい雨 夜遅くにかけ土砂災害警戒を

前線や低気圧の影響で、東北北部や北海道などでは大気の不安定な状態が続き、局地的に激しい雨が降っています。東北を中心にこれまでの雨で地盤が緩んでいる地域があり、気象庁は、18日夜遅くにかけて土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、前線を伴った低気圧が北日本を通過しているため、東北や北海道、新潟県などで大気の不安定な状態が続いています。

午後5時までの1時間には、新潟県上越市で37ミリの激しい雨を観測しました。

これまでの雨で青森県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

今後の見通し

このあと前線を伴った低気圧が三陸沖に進んで北日本を中心に大気の不安定な状態が続く見込みです。

▽北海道では19日朝にかけて局地的に激しい雨が降るほか、
▽東北北部でも18日夜遅くにかけて強い雨が降るおそれがあります。

19日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽北海道で100ミリ、
▽東北北部で60ミリと予想されています。

東北を中心に、今月の大雨で地盤が緩んでいる地域があります。

気象庁は、18日夜遅くにかけて土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水にも十分注意するよう呼びかけています。