円相場 小幅な値動き

週明けの15日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きでした。

午後5時時点の円相場は、先週末と比べて26銭円安ドル高の1ドル=133円51銭から53銭でした。

一方、ユーロに対しては、先週末と比べて58銭円高ユーロ安の1ユーロ=136円62銭から66銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.0233から35ドルでした。

市場関係者は「アメリカでインフレが収まっていくという見方が広がっているため、金融引き締めが加速することへの警戒感が和らいでいる。このため、日米の金利差が拡大しないとの思惑から、円を買ってドルを売る動きも出たが、国内の企業が輸入に必要なドルを買っていたこともあり、売り買いが交錯して値動きの幅は限られた」と話しています。