北日本で大気不安定 東北では記録的な大雨のおそれ 厳重警戒を

前線や低気圧の影響で、北日本では大気の状態が不安定になり、北海道や東北北部で断続的に激しい雨が降っています。
東北では16日、記録的な大雨となって災害の危険性が再び高まるおそれがあるほか、新潟県でも雨雲が発達すると見込まれ、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や川の氾濫などにも警戒が必要です。

北日本 大気の状態が不安定に

気象庁によりますと、日本海にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、北日本で大気の状態が不安定になり、東北北部や北海道で雨雲が発達しています。

15日午後11時半までの1時間には、北海道奥尻町で33ミリの激しい雨が降りました。

これまでの雨で、青森県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

東北の日本海側で記録的な大雨のおそれ

前線を伴った低気圧は16日に北日本を通過し、その後、17日にかけて前線が西日本付近まで南下する見込みです。

▽東北や北海道では17日にかけて
▽新潟県と西日本日本海側では16日午後から17日にかけて
雷を伴って激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るおそれがあります。

特に16日は、東北の日本海側で局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降って、記録的な大雨になるおそれがあります。

16日夕方までの24時間に降る雨の量は
いずれも多いところで
▽東北の日本海側で250ミリ
▽北海道と東北の太平洋側で150ミリ
▽新潟県で80ミリと予想されています。

17日夕方までの24時間に降る雨の量は
いずれも多いところで
▽新潟県、北陸、中国地方で100ミリから200ミリ
▽九州北部で100ミリから150ミリ
▽東北で50ミリから100ミリと予想されています。
気象庁は、土砂災害に厳重に警戒するとともに、川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

先週から雨が降り続いて、すでに記録的な雨量になっている東北北部では、これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害や洪水の危険性が高い状態が続いています。

再び大雨となれば災害が発生する危険性が急激に高まるおそれがあり、早めに安全を確保するようにしてください。

命に関わる危険な暑さも

一方、15日は西日本を中心に晴れて気温が上がり
日中の最高気温は
▽兵庫県豊岡市で38度ちょうど
▽大阪市で36.3度
▽福岡市と名古屋市で35.2度などと
西日本の各地で猛暑日となりました。

16日は東日本や西日本を中心に、さらに気温が高くなるところもある見込みです。

16日の日中の最高気温は
▽前橋市と埼玉県熊谷市で39度
▽宇都宮市とさいたま市で38度と
命に関わる危険な暑さが予想されています。

また
▽大分市や高松市、富山市で37度
▽東京の都心や松山市、宮崎市で36度
▽福岡市や大阪市、福島市で35度と
各地で猛暑日が予想されています。

16日の日中は、外出をなるべく避け、特別な場合以外は運動を行わないほか、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、より一層の熱中症対策を心がけてください。

16日の日中の雨が“引き金”で災害発生のおそれ

東北や北海道ではこれから16日にかけて前線が近づき、雨が再び強まると予想されています。

特に低気圧が接近する16日の日中の時間帯に雨が一段と強まる見込みで、すでに大雨になっている地域ではこの雨が“引き金”となって災害が発生するおそれがあります。

すでに東北北部で記録的大雨に

活発な前線の影響で東北北部では先週から雨が降り続き、すでに記録的な大雨になっているところがあります。

今月8日の降り始めから15日正午までの雨量は
秋田県では
▽鹿角市で384ミリ
▽大館能代空港で352ミリ
▽大館市で341ミリなどと
平年の8月1か月分の雨量の2倍を超えたところがあります。

青森県では今月9日から12日までの72時間の雨量が
▽弘前市の岳で402ミリ
▽深浦町で386.5ミリなど
合わせて17の地点で観測史上最も多くなりました。

低気圧接近で“引き金”となるおそれ

東北ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいたり、川の水位が高い状態が続いていたりする地域があります。

そこへ前線が再び近づいてすでに東北や北陸では発達した雨雲がかかり、15日夕方からは秋田県などで激しい雨が降り始めています。

東北と北海道では16日にかけて大雨となる見込みですが、気象庁が特に注目しているのが、前線上にある「低気圧」の動きです。

この低気圧は16日の日中の時間帯に北海道付近を西から東へ通過する見込みで、低気圧が接近するタイミングで南から湿った空気の流れ込みが集中するため、雨雲の活動が活発になり、雨が一段と強まる見込みです。

このため、すでに危険性が高くなっている地域では、新たに降る雨が“引き金”となって土砂災害や川の氾濫などの災害につながるおそれがあります。

16日にかけての東北地方の雨の予想について、気象庁は「日本海側を中心に記録的な大雨になるおそれがある」として警戒を呼びかけています。

住んでいる地域の土砂災害や川の洪水、浸水の危険度を把握するには気象庁のホームページの「キキクル(危険度分布)」が参考になります。

最新の情報をチェックして身の回りの状況を確認し、地域や家庭で声をかけ合いながら早めの避難を心がけるなど対策をとってください。

16日以降は前線南下で西日本でも大雨か

気象庁はさらに16日以降も警戒を続けるよう呼びかけています。

低気圧が北日本を通過すると、前線は17日にかけて南下する見込みです。

前線に向かって太平洋高気圧の縁をまわるように湿った空気が流れ込むため、16日以降は新潟県や北陸のほか、近畿北部や山陰、九州北部など西日本の日本海側でも雨が強まると予想されています。

16日から、18日の木曜日にかけて、断続的に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

今は雨が降っていなかったり、弱かったりする地域でも週の後半にかけて雨が強まると見込まれることから、最新の情報に注意するようにしてください。