インド独立75年 モディ首相「25年後までに先進国に」決意表明

インドのモディ首相は、イギリスから独立してから75年になることにあわせて演説を行い、25年後までに先進国の仲間入りを目指す決意を表明しました。

インドでは15日、イギリスから独立してから75年を迎え、首都ニューデリーでモディ首相が国民に向けて演説を行いました。

モディ首相は「独立から数十年がたち、インドは世界から期待のまなざしを向けられるようになった。インドは25年後までに先進国にならなければならない」と述べ、独立から100年となる2047年までに先進国の仲間入りを目指す決意を表明しました。

そして「インドは世界の製造業の拠点に成長している。それは輸入に頼らない自立したインドの基礎となる」と述べ、外国からの資本を呼び込み、ものづくり国家の実現を目指す「メイク・イン・インディア」構想を推し進めていく姿勢を強調しました。

また、モディ首相は「国内ではさまざまなスタートアップ企業が出てきている。支えているのは貧しい農村出身の若く、才能ある人材だ」と述べ、若い人材を活用して医療や保健の分野を含む幅広い分野でデジタル化を進めていく考えを示しました。