大雨で一部区間不通の「秋田内陸線」バス代行輸送始まる

今回の大雨で、秋田県内を走る「秋田内陸線」は線路に土砂が流れ込むなどして一部の区間が不通になっていて、15日からバスによる代行輸送が始まりました。

秋田県内の北秋田市と仙北市を結ぶ秋田内陸線は、土砂が線路に流れ込んだため、鷹巣駅と阿仁合駅の間で運転できない状況が続いています。

これを受けてこの区間で15日からバスによる代行輸送が始まり、阿仁合駅では、午前11時半ごろ、乗客6人が鷹巣駅方面に出発するバスに乗り込みました。

阿仁前田温泉駅へ向かうという62歳の男性は「週に2回ぐらい、駅にある温泉へ通っていたので不便になると思っていましたが、代行バスが走ってよかったです」と話していました。

代行バスは1日8往復運行しますが、各地で道路が通れなくなっている影響で停車するのは鉄道の主要な駅にとどまるということです。
秋田内陸縦貫鉄道の齊藤伸一運輸部長は「今までにないぐらいの被害の大きさで、私たちも驚いている。道路も被害を受けているので、代行バスは主要な駅にしか止まることができないが、ぜひ利用してほしい」と話していました。