馬場咲希 全米女子アマ優勝「まさか優勝できるとは」喜び語る

女子ゴルフのアマチュア最高峰、全米女子アマチュア選手権で日本選手として37年ぶりに優勝した17歳の高校生、馬場咲希選手がオンラインで会見し「まさか優勝できるとは思っていなかった。すごくうれしい」と喜びを語りました。

17歳の高校2年生、馬場選手は、アメリカ ワシントン州で14日に行われたゴルフの全米女子アマチュア選手権の決勝で、マッチプレーで対戦したカナダの選手を破り、日本選手では1985年の服部道子さん以来、37年ぶり2人目の優勝を果たしました。

優勝後、馬場選手はオンラインで会見し、まず「目指してはいたが、まさか優勝できるとは思っていなかった。すごくうれしい」と率直な心境を語りました。

決勝のラウンドについては「勝てると思いながら自信を持ちながら臨んだ。前半、いい流れでプレーできたので、後半も流れを渡さないことを意識した。きょうはパターがよくて自分の思いどおりにできたので、相手にプレッシャーを与えることができた」と振り返りました。

また、37年前にこの大会を制した服部さんと何を話したいか報道陣から聞かれると「当時の話をたくさん聞いてみたい」と話していました。

そして、今後については、来年、プロテストを受ける考えを示したうえで「将来はアメリカのツアーに出たい」と目標を話しました。

「これだけの圧勝はなかなかない」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権で優勝した馬場咲希選手について、37年前にこの大会を日本選手で初めて制した服部道子さんは「力が均衡しているこの時代にこれだけの圧勝はなかなかない」と高く評価しました。

服部さんは、当時16歳で臨んだ1985年の全米女子アマチュア選手権で、日本選手として初めて優勝しました。

馬場選手が9ホールを残して優勝したことについて「本当にうれしかった。力が均衡しているこの時代にこれだけの圧勝はなかなかない」と高く評価しました。

服部さんは、馬場選手が優勝を決めた決勝のラウンドを見ていたということで、身長1メートル75センチの体格については「あれだけ手が長いと、上から打てるので弾道が高い。そうすると、コースが難しくてもピンポイントで落とせるという余裕がある。相手はプレッシャーを感じていたと思う」と振り返りました。

そのうえで「37年前の私は、正直必死過ぎて何も覚えていないが、馬場さんはプレッシャーがある中でも楽しんで笑顔が絶えず、すごく伸びやかにプレーしているという印象だった」と話しました。
そして、馬場選手が来年プロテストを受けたうえでアメリカツアーに参戦することを目標に掲げていることについては「プロになればもっとショットの精度が求められるが、彼女は海外の空気感にあっているし、ポテンシャルもある。世界一を目指してほしい」とさらなる飛躍を期待していました。