終戦の日 閣僚2人が靖国神社参拝 岸田首相は私費で玉串料奉納

「終戦の日」の15日、岸田内閣の2人の閣僚が靖国神社に参拝しました。閣僚の参拝は3年連続で、13日に参拝した閣僚も合わせると3人が参拝しました。一方、岸田総理大臣は参拝せず、自民党総裁として私費で玉串料を納めました。

「終戦の日」の15日、東京 九段の靖国神社には、これまでに高市経済安全保障担当大臣と秋葉復興大臣の2人の閣僚が参拝しました。

このうち、高市大臣は参拝を終えたあと記者団に対し、私費で玉串料を納め「国務大臣高市早苗」と記帳したと説明しました。

そのうえで「国策に殉じられた方々のみ霊に尊崇の念を持って感謝の誠をささげてきた。ご遺族の皆様のご健康をお祈り申し上げ、合わせて、ことしはウクライナのこともあるので、これ以上、戦争で亡くなる方が出ないようにという祈りをささげてきた」と述べました。
また、秋葉大臣は参拝後記者団に対し「秋葉賢也」と記帳したと説明しました。

そして「祖国のために戦って尊い命を落とされたみ霊に対して尊崇の念を表するとともに、哀悼の誠をささげてきた。そして、なによりも二度と悲惨な戦争を繰り返してはならないという不戦の誓いを新たにした」と述べました。

一方、岸田総理大臣は参拝せず、事務所の秘書を通じて「自民党総裁 岸田文雄」として私費で玉串料を納めました。

このほか、閣僚ではおととい西村経済産業大臣が参拝していて、岸田内閣では合わせると3人の閣僚が参拝しています。

「終戦の日」に閣僚が靖国神社に参拝するのは3年連続です。

このほか15日は、自民党の萩生田政務調査会長や小泉元環境大臣らも参拝しました。

松野官房長官「尊崇の念を表することは当然」

松野官房長官は記者会見で「どの国であれ、国のために命をささげた方々に尊崇の念を表することは当然だ。日本としては、今後も隣国の中国や韓国を含む国々との関係を強化していく方針に変わりはない」と述べました。

韓国外務省「深い失望と遺憾の意示す」

岸田内閣の閣僚らが靖国神社に参拝したことや、岸田総理大臣が自民党総裁として私費で玉串料を納めたことについて、韓国外務省は報道官の論評を出しました。

論評は「日本の過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者が合祀された靖国神社に、日本の政府と国会の責任ある指導者たちが、玉串料を納めたり参拝したりするのを繰り返したことに、深い失望と遺憾の意を示す」としています。

そのうえで「日本の責任ある人たちには歴史を直視し、謙虚な省察と真の反省を行動で示すよう求める」としています。

中国大使館 “強烈な不満と断固とした反対”

岸田内閣の閣僚が靖国神社に参拝したことや、岸田総理大臣が自民党総裁として私費で玉串料を納めたことについて、日本にある中国大使館は報道官の談話を発表しました。

談話では、強烈な不満と断固とした反対を表明するとともに、日本側に厳正な抗議を行ったとしています。

そのうえで「われわれは、日本が侵略戦争を美化したり、歴史認識をわい曲したりする一切の行為をやめ、歴史の教訓を心に刻み、平和的発展を堅持する姿勢を実際の行動で示すよう求める」としています。

中国外務省は13日、西村経済産業大臣が靖国神社に参拝した際には、日本側に厳正な抗議を行ったと発表していました。

中国外務省「歴史問題に対する誤った態度」

「終戦の日」の15日、岸田内閣の閣僚が靖国神社に参拝したことや、岸田総理大臣が自民党総裁として、私費で玉串料を納めたことについて、中国外務省の汪文斌報道官は15日の記者会見で「歴史問題に対する誤った態度を改めて示すものだ」と述べ、外交ルートを通じて日本側に厳正な申し入れを行ったことを明らかにしました。

そのうえで「日本には、歴史の教訓を真剣にくみ取って軍国主義ときっぱりと決別し、アジアの隣国と国際社会からこれ以上信頼を失わないよう求める」と述べました。

中国外務省は13日、西村経済産業大臣が靖国神社に参拝した際にも、日本側に厳正な申し入れを行ったと発表していました。