エンジェルス大谷翔平 適時打で貴重な追加点 指名打者フル出場

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がツインズ戦に指名打者でフル出場しタイムリーヒットを打って貴重な追加点をあげました。

前の試合で今シーズン26号のホームランを打ってチームの勝利につなげた大谷選手は、14日、本拠地のエンジェルスタジアムで行われたツインズ戦に2番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席は、空振り三振でしたが、2点を追う3回の第2打席は、ツーアウト一塁の場面でフォアボールで塁に出たあと、3番・レンヒーフォ選手のレフト線への大きな当たりで一塁から一気にホームへかえり同点に追いつきました。

チームは4回に1点を勝ち越し、5回の第3打席は、2打席連続でフォアボールを選んだあと二塁へ盗塁を試みましたが、相手キャッチャーの好送球に阻まれました。

このあと7回は、ワンアウト一塁二塁のチャンスで大谷選手に第4打席がまわり、低めの変化球をレフト前に運んでタイムリーヒットとし、終盤に貴重な追加点をあげました。

エンジェルスは、最後までリードを守り抜き4対2で勝って2連勝です。

大谷選手は、2打数1安打1打点、フォアボールが2つで打率は2割5分4厘となりました。