東北 北海道 新潟県などで再び大雨に警戒 西日本など猛暑日か

前線を伴った低気圧が接近するため、東北や北海道、それに新潟県などで16日にかけて再び大雨となるおそれがあります。すでに記録的な大雨となっている東北北部などでは災害の危険性が急激に高まるおそれがあり、土砂災害や川の増水などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、これから16日にかけて前線を伴った低気圧が北日本に近づく見込みです。

このため東北と北海道、新潟県、それに北陸では大気の状態が不安定になる見込みで、16日にかけて雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

16日朝までの24時間の雨量はいずれも多いところで
▼東北で150ミリ、
▼北海道と新潟県で100ミリと予想されています。

さらに17日の朝までの24時間には
▼東北と新潟県で100ミリから200ミリ、
▼北海道と北陸で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

記録的な大雨となっている東北北部ではこれまでの雨で地盤が緩み、土砂災害や洪水の危険性が高い状態が続いていて、再び大雨となり災害が発生する危険性が高まるおそれがあります。

気象庁は土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

西日本を中心に猛暑日予想

一方、西日本を中心に晴れて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は
▽高松市で37度、
▽京都市や松山市や岡山市などで36度、
▽大阪市や福岡市、埼玉県熊谷市などで35度と各地で猛暑日が予想されています。

こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用するなど熱中症に十分注意してください。