ウクライナ副首相 攻防激化 南部ヘルソン州住民に退避呼びかけ

ウクライナの南部でロシア軍とウクライナ軍の攻防が激しくなるなか、ウクライナの副首相は「厳しい冬が待ち構えている」と述べ、南部のヘルソン州の住民に退避を呼びかけるとともに戦闘が長期化する見通しを示しました。

ロシア国防省は14日、軍の部隊がウクライナ南部のヘルソン州にあるウクライナ軍の拠点を攻撃し、35人を殺害したと発表しました。

戦況を分析するイギリス国防省は「この1週間、ロシアの優先事項は、南部を強化するための部隊の再編だったとみられる」と指摘し、ロシア軍が南部での戦力強化を図っているという見方を示しています。

一方ウクライナ軍は、支配された地域の奪還を目指し、高機動ロケット砲システム=ハイマースなど、欧米から供与された武器を駆使し反撃を続けています。

14日の軍の発表では、ヘルソン州でロシア軍の弾薬庫2か所を破壊したほか、ロシア軍の補給路を断つために、州内の主要な橋を攻撃したとしています。

こうしたなか、ウクライナのベレシチュク副首相は、ヘルソン州の住民に対して「避難してほしい。厳しい冬が待ち構えている。寒さと敵からあなたたちを守らなければならない」と述べ住民に退避を呼びかけるとともに戦闘が長期化する見通しを示しました。

ヘルソン州をめぐってウクライナ側は「情勢は緊張している」としていて、ロシア軍とウクライナ軍の攻防が激しくなっています。