エジプト キリスト教会で火事 41人死亡 電気設備故障し出火か

エジプトの首都、カイロ近郊にあるキリスト教の教会で火事があり、これまでに幼い子どもを含む41人が死亡しました。地元の当局は、電気設備が故障し出火したとみて詳しい原因を調べています。

エジプトで14日、首都カイロ近郊のギザにあるキリスト教の一派、コプト教の教会から火が出ました。

火はおよそ2時間後に消し止められましたが、地元当局などによりますと、この火事でこれまでに41人が死亡したということです。

また教会の関係者は、死亡した人のうち18人は幼い子どもで、ほかに14人がけがをして病院に運ばれたとしています。

火事が起きた当時、教会には大勢の人が集まり、日曜日の礼拝が行われていたということです。

地元当局は火事の原因について、電気設備が故障し出火したとみられるとしていて、詳しい火事の原因を調べています。