高校野球 東東京 二松学舎大付が兵庫 社に勝ち 3回戦へ

夏の全国高校野球大会9日目の第2試合は、東東京の二松学舎大付属高校が兵庫の社高校に7対5で勝って3回戦に進出しました。

二松学舎大付属は3回、ノーアウト一塁三塁のチャンスで2番・中川龍斗選手が右中間にタイムリースリーベースヒットを打ち、2点を先制しました。

さらに1点を加えたあと、1年生で4番の片井海斗選手が左中間スタンドにソロホームランを打ち、この回、4点を奪いました。

5回には、再び片井選手がランナーを三塁に置いてセンターにタイムリーツーベースヒットを打つなど、さらに3点を加えて突き放しました。

対する夏の甲子園初出場の社は7回、7番の勝股優太選手がツーランホームランを打ったほか、8回にも2番でキャプテンの後藤剣士朗選手がタイムリースリーベースヒットを打つなど2点を返し、3点差としました。

社は9回、途中出場の山本彪真選手のタイムリーヒットで1点を返して、なおも2アウト満塁と攻めましたが、二松学舎大付属は2人目の2年生、重川創思投手がふんばり、7対5で社に勝って3回戦に進出しました。

二松学舎大付 市原監督「ベスト16以上で先輩たち超えてほしい」

二松学舎大付属高校の市原勝人監督は2点差とされ、なおも満塁と攻められた9回の守備について、「あの雰囲気の中、選手たちはよく頑張ってくれたと思います。神様がうちの選手に、ほほえんでくれないかなと思っていたので、最後はほっとしました」と話しました。

そのうえで、「これで夏の甲子園で2勝をして、これまでの先輩たちを超えたので、ベスト16以上になってさらに超えてもらいたいと選手たちに伝えたいです」と話していました。

二松学舎大付 辻投手「これからも謙虚にひたむきに」

先発した二松学舎大付属高校のエース辻大雅投手は、「少し球は荒れていましたが、決めなければいけないときに決めることができたのがよかったです。しかし、7回にホームランを打たれたところは、自分の気持ちの面で足りないところがあったなと思います」と話しました。

そのうえで、3回戦に向けて、「初戦、きょうとここまでいいピッチングができるとは思っていなかったです。調子に乗らず、謙虚にひたむきにこれからもやっていきたいです」と話していました。

二松学舎大付 片井選手「今まででいちばんいい感触でした」

二松学舎大付属高校の4番で1年生の片井海斗選手は3回のホームランについて、「第1打席でチャンスを潰してしまったので、2打席目で取り返すつもりでした。監督には”柔らかく”と言われたので、長打は考えず柔らかくいこうと思って打ちました。今まででいちばんいい感触でした。本当にうれしいです」と話しました。

そのうえで、チームとして初めてのベスト8進出に向けて、「次も勝ちたいです。チームが勝つようにチャンスで打っていきたいです」と話していました。

社 山本監督「最後まで冷静に戦いすごいなと思った」

社高校の山本巧監督は、終盤に追い上げを見せた14日の試合について、「序盤は自分たちのリズムでできなかった分、終盤はキャプテンを中心に最後まで冷静に戦っていてすごいなと思いました。ミスをしても引きずることなく、次のことに集中して全員で戦うことができました」と振り返りました。

今後については、「メンバーは替わるので日々、チームが育っていくよう指導を考えていきたいです」と、3回戦進出はならなかったものの、夏の甲子園初出場で1勝し、さらなる飛躍を誓っていました。

社 後藤キャプテン「球場の大歓声とベンチの声に背中押された」

社高校のキャプテン、後藤剣志朗選手は「楽しかったです。球場の大歓声とベンチの声に背中を押されました」と試合を振り返りました。

9回、2アウト満塁の1打同点のチャンスでレフトフライに終わった打席については、「甘いボールを打ち返そうとチームメートと話していました。自分が最後のバッターになってしまい、打ちたかった気持ちはあります」と話しました。

そして高校生活について、「コロナ禍で思うようにいかないこともありましたが、自分たちで考えて練習し充実していました。甲子園で1勝できたことは後輩たちにとっても価値があると思います」と話していました。

社 勝股選手「最後まで諦めずできたのでよかった」

7点をリードされた7回に、反撃のツーランホームランを打った社高校の7番・勝股優太選手は、「塁に出ることを意識した結果がホームランになりました。それまで相手投手を捉えきれていなかった中で、自分が落ち込んでしまうとチーム全体のムードも下がるので、前向きなことばをみんなにかけてきたのが結果につながったと思います。非常にうれしかったです」と話しました。

また、終盤に2点差まで追い上げたことについては、「最後まで諦めず、自分たちらしくできたのでよかったかなと思います」と話していました。

夏の甲子園 初の2勝二松学舎大付 1年生の4番がけん引

夏の甲子園で初めて2勝した二松学舎大付属高校。

1年生で4番を務める片井海斗選手が、ホームランを含む2打点の活躍でチームをけん引しました。

地方大会の途中から4番を任されることになった片井選手は、身長1メートル75センチ、体重97キロとがっしりとした体格の右打ちで、思い切りのよい豪快な打撃が持ち味です。

14日は第1打席、1アウト一塁三塁の場面で内野ゴロに倒れ、チャンスを生かせませんでした。

「チャンスをつぶしたので取り返したい」と臨んだ3回の第2打席。

片井選手は4球目の高めのボールを完璧に捉え、「今まででいちばんいい感触だった」とソロホームランを打ちました。

続く、5回の第3打席では1アウト三塁のチャンスでセンターにタイムリーツーベースヒットを打ち、この試合、2打点の活躍で勝利の立て役者となりました。

片井選手を4番に抜てきした二松学舎大付属の市原勝人監督は、「将来はチームを背負う選手で3年生を含めてメンバーには”4番は片井選手でいこう”という雰囲気があります」と話し、OBで現在は大リーグで活躍する鈴木誠也選手と比較し、「片井選手の方が早熟で落ち着いています。鈴木選手が1年生の時はここまでできていませんでした」と高く評価しています。

試合後、片井選手は目標とする4番バッターについて、「逆方向にも強い打球を飛ばすことができる選手になりたい」としたうえで、「次の試合もチャンスに強いバッティングをしたいです」と意気込みを話しました。

みずからの性格を『強心臓』という片井選手。

夏の甲子園では、初めてのベスト8進出に向けて、頼れる1年生の4番がチームを引っ張ります。