北九州 母娘が刺されて大けが「帰宅したら家の中から若い男」

13日夜、北九州市の住宅で母親と高校生の娘が刃物で刺され、いずれも大けがをしました。
母親は、「帰宅したら玄関のドアが開いていて、家から出てきた男に刺された」と話しているということで、警察は殺人未遂事件として捜査しています。

警察によりますと13日午後10時前、北九州市小倉北区高尾の住宅で「女性が助けてと叫んでいる」などと近くにいた人から通報があり、警察官が駆けつけたところ、玄関付近で血を流している女性2人を見つけたということです。

2人は市内の病院に搬送されて手当てを受け、命に別状はないものの、いずれも大けがだということです。

警察によりますと、2人はこの家に住む37歳の母親と高校1年生で15歳の娘で、母親は「帰宅したら玄関のドアが開いていた。家の中から若い男が出てきて、刃物で刺された」などと話しているということです。

現場ではナイフのような刃物が見つかっていて、警察は殺人未遂事件として捜査しています。

一方、通報のおよそ20分後、現場から600メートルあまり離れたJR日豊本線の南小倉駅の近くで男性が列車にはねられて死亡する事故が起きていて、警察は事件との関連を調べています。