小倉少子化相「前大臣が道筋 思いを実現できるよう頑張る」

40代で唯一入閣した小倉少子化担当大臣は、12日午後、野田前大臣から業務の引き継ぎを受けました。

野田前大臣が「初入閣おめでとうございます」と声をかけると、小倉大臣は「野田総務大臣のときに、政務官として鍛えていただいたおかげです」と応じました。

また、野田前大臣が来年4月に発足するこども家庭庁について「4月に向けてもう始まっているので、そこにしっかりとエネルギーを注入することを期待している。私は女性の側、母親の側で進めてきたが、男性としてバランスをとりながら、今の壁を乗り越えていかなければならない」と激励しました。

一方、小倉大臣は「野田前大臣のもとでさまざまな道筋をつけてもらった。その思いをしっかり実現できるよう、軽輩だが頑張りたい」と抱負を述べました。