台風8号であすの「ロッキン」最終日が中止に 千葉

千葉市で開かれている国内最大規模の野外音楽フェスティバル「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」について運営側は、台風8号の影響で会場内の安全を確保できないとして、13日の最終日の開催を中止することになりました。

「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」、通称「ロッキン」は、新型コロナの影響でおととしと去年は中止となり、ことしは今月6日から、千葉市中央区の「蘇我スポーツ公園」で3年ぶりに開催されています。

13日は最終日で、27組のアーティストが出演し、およそ4万5000人の参加が見込まれていましたが、運営側は、台風8号の接近に伴って会場内の安全を確保できないと判断したとして、12日午後3時、ホームページなどで開催を中止すると発表しました。

会場の周辺では、13日も参加する予定だった人たちから落胆の声が聞かれました。

群馬県の37歳の男性は「あすがメインで見に行きたい日だったので残念です。自分の夏が終わってしまいました。でも天気で中止になるのはしかたないと思います」と話していました。

大阪府の26歳の男性は「きのうから台風のニュースを見て大丈夫かと心配していました。きょうが最終日となって名残惜しいですが、楽しめたと思います」と話していました。