寺田総務相「現場第一主義で 国民の声受け止め 行政に反映」

寺田総務大臣は、午後、金子 前大臣から業務の引き継ぎを受け、引き継ぎ書に署名しました。

このあと、寺田大臣は幹部職員を前にあいさつし、選挙区を引き継いだ義理の叔父の池田行彦 元衆議院議員が、総務省に再編された総務庁で長官を務めたことに触れたうえで「総務行政を担うことは本当にうれしい。『現場第一主義』で、さまざまな現場に出向き、国民の声をしっかりと受け止めて、行政に反映するのが、私の使命であり責務だ」と述べました。