首相 記録的大雨の被害状況把握 応急対策などを谷防災相に指示

前線の影響で青森県や秋田県で記録的な大雨となっていることを受け、岸田総理大臣は谷防災担当大臣に対し、被害状況を早急に把握するとともに、自治体と緊密に連携して政府一体となって災害応急対策などに全力で取り組むよう指示しました。

今回の記録的な大雨を受け、岸田総理大臣は、臨時閣議のあと谷防災担当大臣と会談しました。

この中で岸田総理大臣は、早急に被害状況を把握し、自治体と緊密に連携して政府一体となって災害応急対策に全力で取り組むことや、被害の拡大状況の情報提供を適宜的確に行い、被災住民の生活再建をはかるためライフラインの早期復旧などに全力であたるよう指示しました。

このあと谷大臣は記者団に対し「岸田総理大臣には、関係省庁とともに大雨の状況について報告し、状況をみながら、私自身が可能なかぎり速やかに被災地に足を運びたいと伝えた」と述べました。