“旧統一教会との関係 閣僚各自の責任で適切対応を” 官房長官

複数の閣僚と旧統一教会との関係が新たに明らかになったことについて、松野官房長官は、いずれの閣僚も関係を見直すと表明しており、今後それぞれの責任で適切な対応がとられるという認識を示しました。

10日に発足した第2次岸田改造内閣の複数の閣僚に、旧統一教会と関係があったことが相次いで明らかになっています。

これについて、松野官房長官は記者会見で「いずれも関係を見直すと表明していると承知している。今後もそれぞれの責任で適切な対応が行われるものと考える」と述べました。

また、副大臣と政務官の人事について閣僚人事などと同様に、旧統一教会との関係をみずから点検し結果も踏まえて厳正に見直すことを了解した人だけを任命したと説明しました。

一方、松野官房長官は、悪質商法などの不法行為に関する相談や被害者救済などに、関係省庁で連携しながら万全の対応をとっていく方針を重ねて示しました。