高校野球 愛工大名電が八戸学院光星にサヨナラ勝ち

夏の全国高校野球、大会7日目の第2試合は、愛知の愛工大名電高校が青森の八戸学院光星高校に延長10回、6対5でサヨナラ勝ちし、3回戦に進みました。

愛工大名電は4点を追う7回、ランナー一塁二塁で6番、市橋昂士選手のタイムリースリーベースヒットや、続く7番の美濃十飛選手のタイムリーヒットなど打者一巡の攻撃でこの回4点を奪い5対5の同点に追いつきました。

試合は延長に入り10回、ノーアウト二塁三塁のチャンスで再び美濃選手がタイムリーヒットを打って、愛工大名電は八戸学院光星に6対5でサヨナラ勝ちし3回戦進出を決めました。

八戸学院光星は1対1の同点の5回、7番の佐藤航太選手のランニングホームランで勝ち越し、さらに7回には3点を追加しリードを4点に広げましたが、投手陣が守り切れませんでした。

愛工大名電 倉野監督「愛工大名電らしい攻撃最後までできた」

愛工大名電高校の倉野光生監督は「延長は覚悟していましたし、簡単には決められないなと思っていましたが、選手が積極的にバットを振って愛工大名電らしい攻撃が最後までできたと思います」と振り返りました。

サヨナラヒットを打った7番の美濃十飛選手については「試合前に相手の仲井監督が『美濃をいちばん警戒している』と言っていたので、満塁策をとってくるかなと思っていました。練習でやってきたことをそのままあの場面で出してくれました。本人の努力と、いろんな力が働いたと思います」とねぎらいました。

そのうえで、今後の戦いについて「無欲無心で先のことは考えず、選手が力を全部発揮できるようにしたいと思います」と話しました。

愛工大名電 有馬「つなぐことだけを意識」

愛工大名電高校の有馬伽久投手は、7回途中5失点でマウンドを降りたあと、延長10回、先頭バッターでスリーベースヒットを打ち、サヨナラ勝ちのきっかけを作りました。

有馬投手は「本当に自分が点をとられて延長戦になってしまったので、まずは先頭として塁に出てつなぐことだけを意識していました」と振り返りました。

また、3万5000人の観客の前でプレーしたことについては「試合中は集中していて観客の皆さんは見えていないので、校歌を聴いているタイミングで観客の多さに気付きました。地方大会では味わえない独特な雰囲気が甲子園にはあるので、不思議な力が働いた気がしました」と話しました。

愛工大名電 美濃「皆さんに打たせてもらった」

延長10回にサヨナラヒットを打った7番の美濃十飛選手は「打った最後の球は球種もコースもなにも覚えていない。ただ、必死に食らいついていくことしかできなかったが、サヨナラにつながってよかった」と興奮気味に振り返っていました。

そのうえで、3万5000人の観客の前でプレーしたことについて「応援に背中を押されて最後の打席も打てたので皆さんに打たせてもらったサヨナラのタイムリーヒットだったと思います」と喜びをかみしめていました。

八戸学院光星 仲井監督「私の力不足」

八戸学院光星高校の仲井宗基監督は「選手たちがいい試合をしてくれましたが、結果的に負けてしまい、私の力不足だったと思います。同点に追いつかれた7回は、愛工大名電高校が隙を逃してくれませんでした」と振り返りました。

3年ぶりの出場となった夏の甲子園で、多くの観客の前での試合となったことについて、「やっと甲子園に戻ってこられたと感じました。選手たちにはすばらしい環境でプレーできたことに感謝してもらいたいです」と話していました。

八戸学院光星 洗平主将「甲子園の怖さ思い知らされた」

八戸学院光星高校のキャプテン、洗平歩人投手は「手ごわい相手だと分かっていましたが、終盤に攻め込まれてしまい、甲子園の怖さを思い知らされました」と振り返りました。

先発して5回を投げ1失点だった弟で1年生の洗平比呂投手については「大舞台で1年生らしからぬピッチングをしていて、心を動かされました。短い間でしたが、弟と一緒に野球ができて楽しかったです」と話していました。

八戸学院光星 佐藤「何とか1点 すごくうれしい」

八戸学院光星高校の佐藤航太選手は、5回のランニングホームランについて「はっていたストレートが来て強いスイングができたので、打球が飛んでいってくれました。確実に入るとは限らないので、最後まで全力疾走しようと思っていました。何とか1点が入ったので、すごくうれしかったです」と振り返りました。

愛工大名電 サヨナラヒット 観客の大きな拍手を力に

コロナ禍で多くの大会が観客制限などがある中、過ごしてきた3年間。

愛工大名電高校の美濃十飛選手のサヨナラヒットは、3万5000人の観客からの大きな拍手を力に変えた一打でした。

“最後の夏”となる3年生は入学当初から新型コロナウイルスの影響を受け続け、多くの大会が観客制限などがある中で過ごしてきました。

12日の第2試合の観客は今大会最多の3万5000人。

愛工大名電の3年生、美濃選手にとって初めての経験でした。

美濃選手は7回、4点をリードされてライトの守備からベンチに戻るとき、スタンドに一礼をしました。

美濃選手は「スタンドに力を借りたいと願いました」と大観衆の応援を力に変えようと考えました。

その直後の攻撃では、美濃選手はランナーを三塁に置いてしぶとくセンター前に運び4点目となるタイムリーヒットを打ちました。

そして、延長10回、ノーアウト二塁三塁の場面で美濃選手に回ってきました。

ツーストライクに追い込まれたあと、7球目のストレートをセンター前に転がし、サヨナラヒットとなりました。

美濃選手は「打った最後の球は球種もコースも何も覚えていないです。ただ、必死に食らいついていくことしかできませんでした」と振り返りました。

そのうえで、「自分の力ではないです。観客の皆さんに打たせてもらったヒットでした」と3万5000人の観客が1球1球に送ってくれた大きな拍手を力に変えた1打でした。

美濃選手は1回戦では6打点、2回戦でも決勝点を含む2打点。

甲子園という大舞台の経験は選手の糧となり、選手の成長へとつながっています。