米“イランがロシアに無人機供与準備 運用訓練も 制裁科す”

アメリカ政府は、イランがロシアに対して無人航空機を供与する準備を進めているとの見方を示したうえで、実際にイランで運用訓練が行われたと明らかにし、両国の武器の取り引きについて、あらゆる制裁を科すと強くけん制しました。

アメリカ国務省のパテル副報道官は11日、電話による記者会見を行い、イランがロシアに対し武器を搭載できるものを含めた数百機の無人航空機を供与する準備を進めているとの見方を改めて示しました。

そのうえでパテル副報道官は「ロシアの当局者はイランで過去数週間のうちに無人機の訓練を行った。無人機供与の合意の一部だ」と述べ、運用訓練が行われたと明らかにしました。

さらに「アメリカは、ロシアやイランの武器の取り引きについて、あらゆる制裁を力強く科していく」と述べ、両国を強くけん制しました。

イランからの無人機の供与について、アメリカ・ホワイトハウスで安全保障政策を担当するサリバン大統領補佐官は、先月、ロシアがウクライナとの戦闘で武器を失っていることを示しているとしています。

一方でイランは、ロシアに無人機を供与する準備を進めているとの見方について、「根拠のない主張だ」と否定しています。