ラグビー日本代表 10月に“オールブラックス”とテストマッチ

ラグビーの日本代表は、ことし10月に世界ランキング5位のニュージーランド代表、オールブラックスと国立競技場でテストマッチを行うことになりました。

世界ランキング10位のラグビーの日本代表は、来年9月にフランスで開幕するワールドカップに向けて強化を進めています。

日本ラグビー協会は、その強化の一環として10月29日に世界5位のニュージランドと国立競技場でテストマッチを行うことが決まったと発表しました。

日本にとっては、来年のワールドカップに向けて強豪相手に現在の力を試す絶好の機会となります。

また、「オールブラックス」の愛称で知られるニュージーランドは、その実力や試合前に行う伝統の踊り「ハカ」で人気を集めるチームで、来日によって国内のラグビーに対する関心が高まることも期待されています。

日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「ワールドカップで優勝をねらうチームと対戦することになり、とてもワクワクしています。このようなレベルの試合こそ、来年のワールドカップに向けたチーム強化のために必要です。ベストな状態で試合に臨んで、オールブラックスから勝利を奪いたいと思います」とコメントしています。

日本は、1987年に初めてニュージーランドと対戦し0対74で大敗して以降、これまで6戦すべてで敗れています。

日本とニュージーランド 過去の対戦成績

日本は、これまでニュージーランドと6回対戦し、1点も奪えなかった試合や150点近くを奪われる試合もあり、いずれも大差で敗れています。

▽最初の対戦は1987年10月25日で0対74。

▽第2戦は1987年11月1日で4対106。

▽第3戦は1995年6月4日で17対145。

▽第4戦は2011年9月16日で7対83。

▽第5戦は2013年11月2日で6対54。

▽第6戦は2018年11月3日で31対69と最も競った試合になりました。