青森 外ヶ浜町と今別町 国道土砂崩れで住民孤立か

青森県の外ヶ浜町と今別町によりますと、大雨の影響で県内を走る国道280号は、海沿いの外ヶ浜町元宇田地区と今別町山崎地区の間のおよそ10キロの区間の少なくとも3か所以上で土砂崩れが起き、12日午前6時すぎから通行できなくなっています。

今別町によりますと、国道沿いの地域ではほかに道路がないため土砂崩れに挟まれる形で少なくとも220世帯、359人の住民が孤立した状態になっているということです。

また外ヶ浜町によりますと、国道沿いに住む8人が一時孤立状態となり、釣り船を使うなどして全員海から救出したということです。

けが人は確認されていないということです。

道路の復旧には時間がかかる見通しで、孤立状態が解消されるめどは立っていないということです。