北九州市 旦過市場火災で被災者支援の相談窓口開設

北九州市は、旦過市場の火事で被害を受けた人たちの相談に応じる窓口を開設し、営業再開に向けた支援策などを案内しています。

北九州市の相談窓口は、12日朝、小倉北区の商工貿易会館に設けられ、市の職員が対応にあたっています。

午前中には、経営する飲食店の店舗が全焼したという男性が訪れ、新たな店舗での再建に向けた相談をしていました。

窓口では、主に被害を受けた店舗が営業を再開する際、最大120万円の補助を受けられることや、市税が減免されることなどを案内しているということです。

相談に訪れた男性は「4月の火事でも店の一部が被害を受け、今月下旬にようやく再開しようというやさきの火事だったので、ショックが大きいです」と話していました。

北九州市商業・サービス産業政策課の住野佳紀商業振興係長は「復興の兆しがみえていたところでの火災で、不安に感じている被災者も多いと思うが、できることが限られた中でも支援メニューなどを紹介して不安を解消したい」と話していました。

この窓口での相談は平日の午前9時から午後5時まで受け付けています。

また、北九州商工会議所も相談窓口を開設していて、経営や資金繰りなどの相談に応じているということです。