政府 新内閣発足後初のNSC=国家安全保障会議を開催

政府は12日、第2次岸田改造内閣の発足後、初めてとなるNSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開き、最新の東アジア情勢をめぐって意見を交わしました。

午前9時半ごろから総理大臣官邸で開かれた会合には、岸田総理大臣や林外務大臣、それに浜田防衛大臣らが出席しました。

中国軍による軍事演習などで緊張が続く台湾情勢についても状況を分析し、今後の対応を協議したものと見られます。