米司法長官 トランプ前大統領の自宅の捜索認める

アメリカのガーランド司法長官は会見で南部フロリダ州にあるトランプ前大統領の自宅にFBI=連邦捜査局が捜索に入ったことを初めて認めました。司法長官が捜査中の事件についてこうした発言をするのは極めて異例で、捜索の妥当性を示すねらいがあるものとみられます。

アメリカのトランプ前大統領は今月8日、南部フロリダ州にある自宅にFBIが捜索に入ったと明らかにし、関係者はトランプ氏がホワイトハウスから持ち出したとされる文書に関するものだとしています。

これについてガーランド司法長官は11日、会見でFBIが捜索したことを当局として初めて認めました。

ガーランド長官は容疑などは明らかにしなかったものの、長官自身が捜索の方針を承認したとしたうえで「軽々しく決断したわけではない」と強調しました。

ガーランド長官はさらに「国民の関心が高い」として捜索令状や押収品のリストを公開するよう地元の連邦地方裁判所に申し立てたことも明らかにしました。

司法省によりますとトランプ氏側は異議を申し立てることができるということで、実際に公開されるかどうかは裁判所が判断することになります。

アメリカメディアは司法長官が捜査中の事件についてこうした発言をするのは極めて異例だと伝えています。

捜索を巡ってトランプ氏が政治的な意図によるものだなどと批判し、共和党の一部からも反発の声が上がる中、捜索の妥当性を示すねらいがあるものとみられます。

トランプ前大統領 改めて司法省の対応批判

トランプ前大統領はガーランド司法長官の会見のあとソーシャルメディアに投稿し、トランプ氏がホワイトハウスから持ち出したとされる文書をめぐっては当局側の要請に全面的に協力してきたと強調し「すべては問題なく進んできたのに事前の連絡なく大勢の捜査官による捜索が行われた」として改めて司法省の対応を批判しました。

「核兵器関連の機密文書も捜索」ワシントン・ポスト

FBIによるトランプ前大統領の自宅への捜索について、アメリカの有力紙ワシントン・ポストは関係者の話として核兵器に関連する機密文書も捜索の対象に含まれていたと報じました。

ただ文書の詳しい内容やFBIがこうした文書を押収したのかどうかは分かっていないとしています。