夏の全国高校野球 大分 明豊が岩手 一関学院に勝ち3回戦進出

夏の全国高校野球、大会7日目の第1試合は、大分の明豊高校が岩手の一関学院に7対5で競り勝って、3回戦に進みました。

明豊は、中盤までリードされる展開となりましたが、7回、同点に追いつきなおも2アウト三塁のチャンスで5番・嶽下桃之介選手が、レフト線にタイムリーツーベースヒットを打って勝ち越しました。

直後に追いつかれたものの、5対5の同点で迎えた9回には1アウト満塁のチャンスをつくり、6番・牧野太一選手が、レフトへタイムリーヒットを打って再び、1点を勝ち越し、その後、犠牲フライで追加点を奪いました。

明豊は、一関学院に7対5で競り勝って、3回戦に進みました。

一関学院は、中盤までリードし、勝ち越し点を奪われた7回も直後の攻撃で、4番・後藤叶翔選手がタイムリーヒットを打って、追いつく粘りを見せましたが、最後は投手陣がふんばれず、競り負けました。

明豊 川崎監督「よく生徒が粘ってくれた」

明豊高校の川崎絢平監督は、激しい攻防が続いた試合を振り返って「しんどかったです。ゲームが始まる前から粘り合いだと伝えていたので、よく生徒が粘ってくれました」と話しました。

また、2回途中から投げた野村颯太投手について「先発のピッチャーがまっすぐを結構打たれていたので、変化球でいこうと伝えました。エラーも出ましたが最少失点で抑えてくれたので助かりました」とたたえていました。

そして次の試合に向けては「勝って反省できることに喜びを感じながら修正しないといけないところはきっちり修正して、次も全力でいいゲームができる準備をしたいと思います」と語りました。

明豊 牧野「打点あげたいと思っていた うれしかった」

9回に決勝のタイムリーヒットを打った明豊高校の牧野太一選手は「投手陣が粘り強く投げてくれていたので、9回で試合を決めるという気持ちをみんなが持って攻撃に入りました。打点をあげたいと思っていたので、本当にうれしかったです」と話しました。

次の試合に向けては「守備の乱れからの失点やバントを1回で決められないなど課題がまだあります。そういう部分が出ると難しい試合になると思うので浮かれることなく、準備していきたいです」と話していました。

一関学院 高橋監督「リードされても諦めない強い気持ち感じた」

一関学院の高橋滋監督は「試合の入りは非常によかったと思いますが、じわりじわりと追い上げられリードしていた時もリードしている感じがしなかったです。相手打線はボール球に手を出してくれずピッチャーは投げづらかったと思います」と話しました。

そのうえで相手に勝ち越されたあとすぐに同点に追いついた7回の場面については、「磨いてきたつなぐ野球を最後まで実践できたと思います。リードされてもまだまだ諦めないという選手たちの強い気持ちを感じました」と話していました。

一関学院 後藤「甲子園でプレーできて幸せ」

一関学院の4番、後藤叶翔選手は7回に打った同点のタイムリーヒットについて「次のバッターにつなぐという意識で打席に入り、その結果、センター前に打つことができました。とてもうれしかったです」と振り返りました。

そのうえで「これまでバッティングに力を入れてきて練習が終わった後もたくさん打ち込んできたので甲子園でヒットを打てたと思います。入学したときから甲子園でプレーするのが夢だったので本当にプレーできて幸せです」と話していました。

明豊 “後ろにつなぐ”意識徹底が勝因に

明豊高校は、中盤までリードされる展開になりながらも打線が終盤に粘りを発揮して逆転勝ちしました。選手たちが“後ろにつなぐ”という意識を徹底して持ったことが勝因となりました。

明豊の川崎絢平監督は、一関学院との2回戦について5点勝負になると見込み、試合前から選手たちに「リードされても後半の粘りが大切だ」と指示していました。

実際、序盤に失点を重ねて中盤の6回まで追う展開となりましたが、「予想どおりのゲームプランだから全然大丈夫。あせらず粘っていこう」と落ち着かせ、攻撃でつなぐ意識を徹底させました。

迎えた7回、1点を追う明豊は、フォアボールとヒットで出たランナーを送りバントで進めて1アウト二塁三塁のチャンスをつくると、4番の竹下聖人選手は、確実にゴロを転がして、まず同点に追いつきました。

続く、5番の嶽下桃之介選手は、ファウルで粘り、6球目をレフトに流し打ち、勝ち越しのタイムリーツーベースを打ちました。

嶽下選手は「次の1点が出れば自分たちに流れがくると思っていた」と振り返りました。

このあと同点とされましたが、9回には、前の打席で勝ち越しタイムリーを打った嶽下桃之介選手が、今度は7球粘ってフォアボールを選び、満塁のチャンスをつくって後ろにつなぎました。

そして12日、6番に打順を上げた牧野太一選手の勝ち越しのタイムリーヒットを呼び込みました。

川崎監督は「終盤に試合をひっくり返せる力がないと甲子園では勝てない。苦しい展開でしたが、生徒たちが粘り強く戦ってくれました」と終盤粘っての逆転勝ちに手応えを感じていました。