台風8号発生 13日に東海 関東甲信に接近見込み 上陸のおそれも

日本の南にある台風8号は13日に東海や関東甲信にかなり接近し、上陸するおそれがあります。東海を中心にすでに発達した雨雲が流れ込んでいるほか、しだいに風も強まり、14日にかけて大雨となるおそれもあります。お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。

気象庁の観測によりますと、12日午前に発生した台風8号は午後3時には日本の南にあって、中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで暴風域はありませんが、中心の南東側330キロ以内と北西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

この時間はゆっくりと北北東へ進んでいますが、このあとやや速度を上げて13日土曜日に東海や関東甲信にかなり接近する見込みで、上陸するおそれがあります。

台風周辺の暖かく湿った空気の影響で東海では局地的に発達した雨雲がかかり、午後3時までの1時間には静岡市清水で30.5ミリの激しい雨が降りました。

東海や関東甲信では局地的に、雷を伴って非常に激しい雨が降り、14日にかけて警報級の大雨となるおそれがあります。

13日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東海地方180ミリ、
▽関東甲信で100ミリ、
さらに14日昼までの24時間には
▽東海で200ミリから300ミリ、
▽関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降る見込みで、静岡県を中心に総雨量がかなり増えるおそれがあります。

また、関東甲信や東海ではしだいに風が強まり海上はうねりを伴ってしける見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水のほか、強風、それに高波に十分注意するよう呼びかけています。

お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。

海や川など屋外のレジャーは特に注意が必要です。