青森・秋田で記録的大雨 東北北部で再び猛烈な雨降るおそれ

記録的な大雨となった青森県や秋田県では、すでに浸水などの被害が出ていますが、12日にかけて、再び東北北部で猛烈な雨が降るおそれがあります。
いったん雨が弱まっている地域でも災害の危険性が急激に高まる可能性があり、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒を続けてください。

気象庁によりますと、北日本付近で停滞している前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み続け、東北北部では記録的な大雨となっています。

青森県や秋田県では11日も断続的に雨が降り、今月8日の降り始めから11日午後2時までの雨量は、
▼青森県の
▽深浦町で367ミリ、
▽鰺ヶ沢町で265ミリ、
▼秋田県の
▽八峰町で258ミリなどと、
平年の8月1か月分を上回り、青森県深浦町では2倍を超えています。

これまでの雨で青森県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

低気圧接近で12日にかけ再び雨強まる

今後の見通しです。

前線の活動はこの時間、やや弱まっていますが、前線上にある低気圧が北日本を通過するため、東北や北海道では11日夜から12日にかけて再び雨が強まる見込みです。

特に東北北部では雷を伴って、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨も降る可能性もあるということです。

12日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東北北部で200ミリ、
▽東北南部と北海道で120ミリなどと予想されています。

さらに13日昼までの24時間には
▽東北北部で100ミリから150ミリ、
▽東北南部で50ミリから100ミリ、
▽北海道で50ミリの雨が降ると予想され、東北北部では総雨量が一層増えるおそれがあります。

すでに各地で大雨になっているため、土砂災害や浸水の危険性がわずかな時間で高まるおそれがあります。

また、前線は今後1週間程度は北日本付近に停滞すると予想され、今月14日ごろには活動が一時的に弱まるものの、15日ごろから再び活発になる見通しです。

気象庁は引き続き土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。

雨が弱まったりやんだりしても決して油断せず、川や崖の近くなど危険な場所には近づかないようにしてください。

熱帯低気圧は12~13日に東日本接近のおそれ

一方、日本の南の海上を北よりに進んでいる熱帯低気圧は今後24時間以内に台風に発達する見込みです。

その後、発達しながら北上を続け、12日金曜日の夜から13日土曜日にかけて東日本にかなり接近するおそれがあります。

東日本では12日から次第に風が強まって波も高くなり、台風の発達の程度によっては13日は大雨となる可能性もあり、気象庁は今後の情報に十分注意するよう呼びかけています。