すでに各地で猛暑日 熱中症に警戒 水分補給や冷房使用を

東日本と西日本を中心に10日も午前中から気温が上がり東京の都心など各地で猛暑日となっています。午後はさらに気温が上がり、埼玉県熊谷市で38度と見込まれるなど危険な暑さが予想されています。この暑さは1週間以上続く見込みで、こまめな水分補給や適切や冷房の使用など引き続き熱中症に警戒が必要です。

気象庁によりますと、東日本と西日本を中心に10日も高気圧に覆われて晴れて気温が上がっています。

午前11時半までの最高気温は、
▽埼玉県久喜市と鳩山町で36度ちょうど、
▽東京・青梅市や富山市、松江市で35.7度、
▽京都市で35.4度、
▽仙台市や福岡市で35.1度などと各地ですでに猛暑日になっています。
また、
▽東京の都心でも午前11時すぎに気温が35度ちょうどに達してことし15日目の猛暑日となり、過去最多を更新しました。

気温はこれからさらに上がる見込みで、日中の最高気温は
▽埼玉県熊谷市で38度、
▽大分県日田市や鳥取県米子市、京都市、前橋市で37度、
▽福岡市や岡山市、奈良市、富山市、東京の都心、それに福島市で36度、
▽鹿児島市や松山市、大阪市、名古屋市、長野市で35度などと各地で猛暑日が予想されています。

「熱中症警戒アラート」が関東甲信越から九州にかけての33の都府県に発表されていて、引き続き熱中症に警戒が必要です。

これらの地域では向こう10日間程度は高気圧の暖かい空気に覆われやすく、来週にかけても猛烈な暑さが続くと予想されています。

▽日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、▽我慢せず冷房を適切に使用する、▽こまめに水分を補給する、▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、いっそうの対策を心がけてください。