ゴルフ 全英女子オープン 渋野は3位 海外メジャー2勝目ならず

女子ゴルフの海外メジャー「全英女子オープン」は7日、イギリスで最終ラウンドが行われ、通算9アンダーの2位から出た渋野日向子選手はスコアを伸ばすことができず首位と1打差の3位となり、2019年のこの大会以来、日本選手初の海外メジャー2勝目はなりませんでした。

女子ゴルフの海外メジャーの全英女子オープンは7日、イギリスで最終ラウンドが行われ、渋野選手は2019年のこの大会以来、海外メジャー2勝目を目指して通算9アンダーの2位からスタートしました。

同じ最終組で回ったのは通算14アンダーで単独首位に立つ南アフリカのアシュリー・ブハイ選手で、渋野選手が優勝した2019年の大会の最終ラウンドでも同じ組でした。

渋野選手は、2番のパー4でこの日最初のバーディーを奪いましたが、直後の3番と4番を連続ボギーとしてスコアを落としました。

しかし、5番のパー5ではツーオンに成功し、このホールをイーグルとして盛り返すと、前半はスコアを1つ伸ばして折り返しました。

後半はパットに苦しみ、14番のパー4では2打目をバンカーに入れてダブルボギーとして通算8アンダーに後退しました。

続く15番では首位のブハイ選手がトリプルボギーをたたき、渋野選手は2打差に迫ると17番のパー5でバーディーを奪いブハイ選手と、前の組を回り通算10アンダーで先にフィニッシュした韓国のチョン・インジ選手に1打差に迫りました。

18番のパー4では2打目がグリーンをオーバーしてバーディーを奪うことができず、渋野選手は首位で並んだ2人に1打及ばず3位となり、日本選手初の海外メジャー2勝目はなりませんでした。

渋野選手はこの日、イーグル1つ、バーディー3つ、ボギー3つ、ダブルボギー1つのイーブンパーで通算9アンダーでした。

プレーオフを4ホール目で制したブハイ選手がメジャー初優勝を果たしました。

このほかの日本勢は、畑岡奈紗選手が通算5アンダーで7位、山下美夢有選手は通算4アンダーで13位、堀琴音選手は通算3アンダーで15位でした。

渋野「やりきったと思うがやはり悔しい」

全英女子オープンの最終ラウンドで首位と1打差の3位だった渋野日向子選手は「やりきったと思うがやはり悔しい」と涙を流しながら話しました。

そのうえで「スリーパットを3回するなど自分のミスが目立ったが、自信を持てるショットもあった。成長したなと思う結果でいろいろ学ぶことができた」と振り返っていました。