佳子さま ガールスカウトのキャンプに参加 中高生と交流 長野

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、長野市で開かれているガールスカウトのキャンプに参加し、キャンプファイアを囲んで中高生と交流を深められました。

このキャンプは、日本のガールスカウト運動がおととし100年を迎えたことを記念して今月4日から開かれていて、中学や高校の女子生徒およそ90人が参加しています。

7日は佳子さまが長野市のキャンプ場を訪れ、女子生徒たちと同じ水色のネッカチーフを巻いて参加されました。

生徒たちは国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」のうち「ジェンダー平等の実現」をテーマに、チームごとに話し合ったことを発表しました。

佳子さまはメモを取りながらおよそ2時間にわたってすべてのチームの発表を聞き、「よくまとまっていてすばらしい発表でした」などとことばをかけられていました。

日が暮れるとキャンプファイアが行われ、佳子さまはトーチでまきに火をくべて輪になって座り、交流を深められました。

中学3年生の女子生徒は「佳子さまは発表を細かいところまでよく見てくださっていてうれしかったです。『応援しています。頑張ってください』と声をかけてくださいました」と話していました。