二之湯防災相 “政府として支援” 大雨被害の山形県を視察

記録的な大雨で山形県で大きな被害が出たことを受けて二之湯防災担当大臣が7日午後、飯豊町や大江町の被害状況を視察し、早期の復旧と復興に向けて、政府として支援していく考えを示しました。

二之湯防災担当大臣は7日午後、記録的な大雨で大きな被害が出ている飯豊町や大江町を訪れ、被害の状況を視察しました。

このうち飯豊町の県道にかかる「大巻橋」が崩落した現場では道路が寸断され、大量の土砂や流木が残っている状況について、後藤町長から説明を受けました。

また、住宅が浸水する被害が出た最上川沿いの大江町では被害を受けた地区を見渡せる高台から状況を確認していました。

このあと、二之湯大臣は、吉村知事などとの意見交換会に出席し、「被災の現状や地域の声をしっかり受け止め、引き続き政府一体となって災害応急対策と被災者に寄り添った支援をしていく」と述べ、早期の復旧と復興に向けて政府として支援していく考えを示しました。
意見交換会のあと報道陣の取材に応じた二之湯大臣は、「線状降水帯など予測できない事態が各地で起こっている。従来の発想を変えて、防災や大雨の対策を考えないといけないのではないか。今回の災害が、激甚災害に指定できるかどうか従来よりスピードアップをして早急に結論を出したい」と述べました。