新潟 関川村 大雨被災者の買い物支援 スーパーが移動販売

記録的な大雨の影響で被害を受けた新潟県関川村で被災した人たちの買い物を支援しようと、地元のスーパーが車による移動販売を行いました。

今回の記録的な大雨の影響で関川村では、およそ230棟のほか自家用車も水につかったため、店に行っての買い物が難しくなっています。

このため被災した人たちの買い物を支援しようと村の要請を受けて地元のスーパーが7日、車による移動販売を行いました。

浸水被害が大きかった湯沢地区には総菜やパン、それにカップ麺や調味料などおよそ300品目を取りそろえた販売車が訪れ、地元の人が商品を手に取って購入していました。

移動販売の場所に来ることができない人もいることから、8日以降は村内の住宅を1軒ずつ回るなどきめ細かい対応をとることにしています。
移動販売を行った「スーパーKマート」関川店の高橋和久店長は「被災した人たちのために簡単に食べられるものを用意しました。被災者の気持ちに寄り添って気持ちよく買い物してもらえるように努力したい」と話していました。