山形 川西町 ボランティアが浸水被害の家財道具運ぶ

記録的な大雨で住宅が浸水する被害を受けた山形県川西町では、ボランティアの人たちが泥水につかった家財道具を家の外に出す作業などを手伝いました。

今月3日からの記録的な大雨で川西町は6日夕方の時点で床上浸水が24棟、床下浸水が29棟と少なくとも53棟の浸水被害が確認されています。

これを受けて、町の社会福祉協議会は7日から片づけなどを手伝うボランティアの受け付けを始め、県内外からおよそ60人が参加しました。

日中、強い日ざしが照りつけるなか、ボランティアの人たちは住民と一緒に泥水につかった座布団や畳などの家財道具を家の外に運び出す作業を行いました。

現場では住宅街に流れ込んだ土砂が乾燥し、砂ぼこりが舞っていて、ボランティアの人たちは汚れたマスクを付け替えるなどして作業にあたっていました。

ボランティアに参加した米沢市の30代の男性は、「1日も早く住民の方たちが気持ちよく生活できる環境を整えられるように片づけを頑張りたいです」と話していました。

住民の會田多美子さんは、「床の上まで浸水したときは、どうしようかとパニックでした。ボランティアの人が来てくれるのは本当にありがたいです」と話していました。