ヤクルト 村上宗隆が1軍復帰 コロナ感染疑いできのう登録抹消

新型コロナウイルスの感染の疑いで6日1軍の出場選手登録を抹消されたプロ野球、ヤクルトの村上宗隆選手が7日、1軍に復帰しました。

村上選手は6日、本拠地・神宮球場で行われた巨人戦を前に新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者などが対象の特例が適用され、1軍の出場選手登録を抹消されました。

高津臣吾監督によりますと6日のPCR検査は陰性でしたが、けん怠感を訴えていたということです。

NPB=日本野球機構によりますと新型コロナの特例の対象となった場合、球団が復帰できると判断すれば規定の10日を待たずに再登録が可能となっています。

球団は7日の様子を見て復帰させるかどうか判断するとしていましたが、7日午後4時すぎ1軍の出場選手に登録したことが発表されました。

村上選手は、7日夜の巨人戦を前に神宮球場のグラウンドに姿を見せ精力的に打撃練習を行って高津監督と談笑する様子も見られました。

村上選手は現在、12球団トップのホームラン39本、98打点をマークし、今月2日にはプロ野球新記録となる5打席連続ホームランを打っています。