大リーグ カブス 鈴木誠也 好守備でチームの勝利に貢献

大リーグ、カブスの鈴木誠也選手は6日、本拠地のシカゴで行われたマーリンズ戦にフル出場し守備の好プレーで勝利に貢献しました。

鈴木選手は3番ライトでフル出場し、3回の守りでは鋭い当たりを下がりながらキャッチする好プレーを見せました。

さらに、一塁二塁の場面ではライト前ヒットでホームをねらったランナーを好返球でアウトにして相手の先取点を阻みました。

打撃では5回の第3打席、ノーアウト一塁三塁のチャンスでショートゴロに倒れましたが、ダブルプレーの間にサードランナーがホームを踏み3対0とリードを広げました。

第1打席は空振り三振、第2打席と第4打席はセンターフライでこの試合、鈴木選手は4打数ノーヒットで打率は2割4分8厘に下がりました。

ただ、チームは4対0で勝ち、鈴木選手は再三の好プレーで勝利に貢献しました。