沢登りツアー客など増水した川渡れず 50人余救助 滋賀 東近江

6日午後、滋賀県東近江市で沢登りをしていたツアー客など50人が増水した川を渡れなくなり、消防に救助されました。

また、この下流部でキャンプをしていた別の3人が川の中州に取り残されましたが消防に救助され、いずれもけがなどはありませんでした。

6日午後0時半すぎ、東近江市杠葉尾町の神崎川で、「沢登りのツアー客が増水した川を渡れなくなった」とツアーを企画した会社から警察に通報がありました。

警察によりますと、現場にいたのはツアー客ら合わせて50人で、川が増水したため予定のコースを進めず、戻ることもできなかったため川岸で待機し、約4時間後に全員、消防に救助されたということです。
また、同じころ、3キロほど離れた下流部の愛知川でキャンプをしていた親子3人が増水した川の中州に取り残され、約2時間後に消防にボートで救助されました。

2つの現場で救助された合わせて53人に、けがなどはなかったということです。

警察によりますと当時、現場付近で雨は降っていませんでしたが、急に川の水かさが増したということです。

気象台によりますと、東近江市に隣接する三重県いなべ市などでは、6日午前中、レーダーの解析で1時間に50ミリ前後の非常に激しい雨が降ったとみられ、この影響で急に増水したのではないかということです。