高校野球 明豊(大分)が樹徳(群馬)を突き放す

夏の全国高校野球、大会1日目の第2試合は、大分の明豊高校が群馬の樹徳高校に7対3で勝ち、2回戦に進みました。

明豊は1回、5番の嶽下桃之介選手のタイムリーツーベースヒットなどで3点を奪いました。

その後、同点に追いつかれましたが、6回、ランナー二塁のチャンスで、8番の牧野太一選手がタイムリースリーベースヒットを打ち、4対3と勝ち越しました。

明豊は、3人のピッチャーでつなぎ、6回途中から投げた3人目の森山塁投手はこの夏、初めてのマウンドでしたが、コースを丁寧につき、無失点の好投でした。

明豊は樹徳に7対3で勝ち、2回戦に進みました。

一方、樹徳は、5回に4本のヒットなどで同点に追いつきましたが、エースの亀井颯玖投手が明豊打線に12本のヒットを打たれたうえ、守備も3つのエラーと乱れ、初戦突破はなりませんでした。

明豊 3人目で登板 2年生が試合の流れを引き寄せる

明豊は、3人目のピッチャーとして投げた2年生の森山塁投手の好投が試合の流れを引き寄せました。

森山投手は、春先に痛めた右肩のけがの影響で大分大会では登板しませんでしたが、この試合は、リリーフとしてマウンドに上がるため準備を進めていました。

川崎絢平監督が森山投手にマウンドを託したのは、1点リードの6回、ツーアウト二塁三塁、一打同点の場面でした。
川崎監督は森山投手の気持ちの強さと冷静さを評価していて「自信を持っていけ」と送り出しました。

森山投手は、このピンチ「真っすぐが走っていたので強気で押していった」と2球連続の136キロのストレートでファーストゴロ、ベンチに戻る時には、雄たけびを上げました。

チームは勢いづき、打線は、8回に3点を追加、森山投手も7回以降、無失点の好投でチームの勝利に大きく貢献しました。

森山投手は「3年生の夏を終わらせるわけにはいかないので、次の試合も持ち味の強気の投球スタイルを心がけていきたいです」とさらに力を込めました。

大分大会を6人のピッチャーの継投策で勝ち抜いてきた明豊。
マウンドに戻ってきた2年生投手の力も加わり、2回戦に臨みます。

明豊 勝ち越し打の牧野太一選手「どうにかして1本を」

6回に勝ち越しのタイムリースリーベースを打った明豊の牧野太一選手は「試合中盤に点が取れず前の2打席で打てていなかったので、どうにかして1本を出したいと思って打席に入りました。点が入ってうれしい気持ちになりました」と振り返りました。

次の試合に向けては「1戦1戦を勝ち進んでいくと優勝にも近づけると思うのでとにかく勝ちにこだわって自分たちのやってきたことを出せるように準備したいです」と話していました。

明豊 川崎絢平監督「追い越されなかったことが大きかった」

明豊の川崎絢平監督は勝因について「得点を追い越されなかったことが大きかったと思います」と話していました。

また、この夏、初めてのマウンドで6回途中から投げた2年生の森山塁投手が好投したことについて「去年の夏も甲子園で投げていて期待しているピッチャーです。気持ちの強さや冷静さを持っているので、自信を持っていけと送り出しました」と話していました。

樹徳 阿久津佑太主将「地域の皆さんやいろいろな方々に感謝」

樹徳高校の4番で、キャプテンの阿久津佑太選手は「皆に支えられてここまで来たので、甲子園でもやってやろうという気持ちが強くありましたが、その気持ちが出せなかったのが本当に悔しいです」と涙ぐみながら話しました。
そして、5回に味方の内野安打で同点に追いついた場面については「追いついた瞬間、もう1回ここから切り替えてがんばろうという中で、追加点が取れませんでした」と振り返りました。

そのうえで、30年ぶりに夏の甲子園に出場したことについて「いろいろな方々から応援してもらって県大会も勝ち上がることができました。地域の皆さんやいろいろな方々に感謝したいです」と感謝のことばを述べました。

樹徳 亀井颯玖投手「追加点 許したのが反省点」

7失点で完投した樹徳の亀井颯玖投手は「最後まで粘ることができず、追加点を許してしまったのが反省点です。甲子園での勝利という目標が達成できず、悔しいです」と振り返りました。

一方、バットでは5回に、2点目となるタイムリースリーベースを打ったことについて「狙い球を絞ってコンパクトに振ることを心がけました。バッティングには自信がなかったですが、チームに貢献することができてよかったです」と話していました。

樹徳 井達誠監督「反省点を精査して また甲子園に」

樹徳高校の井達誠監督は「私の指導力や選手たちの能力が足りず、負けてしまい残念です。まだまだ力のないチームなので反省点を精査してまた甲子園に戻ってきたいです」と話していました。

また、30年前に樹徳高校の選手として夏の甲子園に出場し、監督として再び甲子園に戻ってきたことについて「甲子園は選手として出場しても、監督として出場しても、楽しく感じる場所だった。再び連れてきてくれた選手たちに感謝したいです」と話していました。