日本海側で気温上昇 被災地は熱中症に十分注意 雷雨にも注意を

6日は日本海側を中心に気温が上がり、北陸など大雨の被災地でも各地で30度を超える厳しい暑さとなっていて、熱中症に十分注意してください。

一方、東日本や西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になるため、急な激しい雷雨に注意が必要です。

気象庁によりますと、6日は日本海側を中心に晴れて気温が上がっています。

北陸や新潟県、東北など大雨の被災地でも厳しい暑さとなり、午前11時半までの最高気温は
▽石川県小松市で33.5度
▽福井市で32.8度
▽滋賀県彦根市で30.8度
▽新潟市で30.7度など すでに真夏日となっています。

日中の最高気温は、
▽富山市で35度
▽福井市と金沢市、新潟市で34度
▽滋賀県彦根市で33度
▽山形県米沢市で31度などと予想され、
石川県と新潟県では、熱中症の危険性が極めて高くなるとして「熱中症警戒アラート」が発表されています。

被災した方や復旧作業に当たる方は熱中症に十分注意し、できるだけ対策を取るようにしてください。
一方、湿った空気の影響で東日本や西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、東海や近畿、九州などで局地的に雨雲が発達しています。

午後は気温の上昇の影響も加わって各地で激しい雷雨となり、特に東海地方では6日夜遅くにかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

天気が急変するところもある見込みで、気象庁は、低い土地の浸水や川の急な増水、土砂災害、落雷、それに竜巻などの突風に注意するよう呼びかけています。