NYの国連本部で日本被団協主催 被爆の実態を伝えるパネル展

NPT=核拡散防止条約の再検討会議が開かれているニューヨークの国連本部で、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会が主催して、被爆の実態を伝えるパネル展が始まりました。

このパネル展は、日本被団協が、NPT再検討会議に合わせて、ニューヨークの国連本部のロビーで開催しているもので、5日に始まりました。

開催に先立って行われた式典で、長崎で被爆した木戸季市さんは「自分があの日に見た光景を思い出させる。再び被爆者を作らないという被爆者の願いが今まで続き、この場でパネル展を開催できることに感謝する」と述べました。

会場にはおよそ50点のパネルが展示され、原爆投下直後の広島と長崎の様子や、原爆投下後の長崎で撮影したとされる「焼き場に立つ少年」の写真のほか、広島の被爆者で去年亡くなった坪井直さんや、被爆者として初めて国連の場で核兵器廃絶を訴えた山口仙二さんなど、運動に取り組んできた人たちやその活動が紹介されています。

会場には、再検討会議のスラウビネン議長も訪れ「とても感情を揺さぶられた。私たちが議論しているのは抽象的な概念ではなく、実際に存在する危険な武器だと思い起こさせてくれる。難しい議論になるが、核兵器のない世界の実現に向け最善を尽くしたい」と話していました。