ヤクルト「つば九郎」ホームでの2000試合出場を達成

プロ野球、ヤクルトの球団マスコット、「つば九郎」が5日夜、神宮球場で行われている巨人戦でホームでの2000試合出場を達成しました。

「つば九郎」は、ヤクルトの球団マスコットとして平成6年にデビューし、ユーモアあふれるパフォーマンスで、ファンの人気を集めています。

29年目となる今シーズン、つば九郎は5日夜、神宮球場で行われている巨人戦で、ホーム2000試合出場を達成しました。

つば九郎が試合前にグラウンドに姿を現した際には、大きな拍手が起きました。

そして、スケッチブックに主にひらがなの文章を書くおなじみの方法で「きょうつばくろうは2000しあいをたっせいします。2000しあいのめもりあるなんとかしょうりしてほしい」とチームの勝利を願っていました。

このあと、つば九郎と交流のある都立青山高校の管弦楽団が、お祝いの曲を演奏し、球場は祝福ムードに包まれていました。

「しょうじきうれしい。じぶんでじぶんをほめてあげたい」

「つば九郎」は、記録達成を目前に控え、試合前にはデビューの際に行ったのと同じ東京 千代田区の東京會舘で記者会見に臨みました。

会場には、抽せんで選ばれた200人余りのファンが訪れ、つば九郎は、スケッチブックに主にひらがなで書くおなじみの方法で「しょうじきうれしい。じぶんでじぶんをほめてあげたい」と喜びを表しました。

そして、29年目となることしまで継続できた理由を問われると「かんぞうとあしこしのつよさ」と答え、会場の笑いを誘いました。
このあと、サプライズで登場した球団OBで現役時代から親交が深い宮本慎也さんからは花束が贈られ「飲みすぎや偏った食生活をせず、体に気をつけてやってほしい」と激励されました。

つば九郎は、最後にファンに対し「2000しあいをもくひょうにやってきましたが、もうすこしやりたいことがみつかったので、ひきつづき、おうえんをよろしくおねがいします」と、さらなる活躍を誓い、大きな拍手を受けていました。