西日本~東日本の広い範囲で大気不安定 土砂災害などに警戒

前線や上空の寒気の影響で、福井県や滋賀県では5日朝にかけて猛烈な雨が降り続いて大雨となり、川の氾濫や土砂災害が相次ぎました。
さらに西日本と東日本の広い範囲では大気の不安定な状態が続き、各地で激しい雷雨となっていて、土砂災害などに警戒してください。

福井 南越前町 平年の8月の2倍を超える大雨に

気象庁によりますと、低気圧をともなった前線と上空の寒気の影響で、福井県や滋賀県では5日朝にかけて発達した雨雲がかかりました。

1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降り続き、記録的短時間大雨情報が合わせて5回発表されたほか、福井県の南越前町今庄では5日朝までの24時間の雨量が観測史上最も多い405.5ミリに達し、平年の8月1か月分の2倍を超える大雨となりました。

滋賀 長浜 高時川が氾濫

また、滋賀県長浜市を流れる淀川水系の高時川では氾濫が発生しました。

福井県では今も土砂災害の危険性が高く「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

これまでに大雨となった地域では、地盤が緩んだり川が増水したりしていて、ふだんより少ない雨でも土砂災害や洪水の危険性が再び高まるおそれがあります。

その後、東日本と西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、この時間は近畿や中国地方、長野県などの各地で局地的に雨雲が発達しています。

午後8時までの1時間には、岐阜県郡上市に国土交通省が設置した雨量計で
76ミリの非常に激しい雨を観測しました。

近畿や東海でも激しい雨のおそれ

今後の見通しです。

東日本と西日本では6日にかけて大気の不安定な状態が続いて局地的に激しい雷雨となる見込みで
▽近畿ではこのあとしばらく
▽前線に近い東海では6日にかけて
1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は川の氾濫や土砂災害、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。

山形 飯豊町 行方不明の男性を捜索

記録的な大雨となった山形県飯豊町の橋が崩落し、車ごと流されたとみられる男性1人の行方が分からなくなっていて、警察と消防は、4日に引き続き現場周辺の捜索を行いましたが、車などは見つかりませんでした。

飯豊町では、3日、県道が通る橋が崩落し、橋の上を走っていた車1台が流されたという内容の通報が警察に寄せられ、その後、町が確認を進めたところ、当時、車に乗っていたとみられる男性1人の行方が分からなくなっているということです。

警察と消防は4日に引き続き、5日も午前から午後にかけておよそ20人の態勢で崩落した橋の周辺の捜索を行いました。

警察によりますと、現場はいまも土砂が残り地面がぬかるんでいることから、橋から川の下流に向けておよそ1キロの川岸周辺を目視で捜索しましたが、車や男性の手がかりは見つからなかったということです。

警察と消防は、6日も捜索を行うことにしています。