プロ野球 ヤクルト村上宗隆 4打席連続HR達成 史上14人目

プロ野球、ヤクルトの村上宗隆選手が2日夜、神宮球場で行われている中日戦でプロ野球記録に並ぶ4打席連続ホームランをマークしました。
4打席連続ホームランは王貞治さんなどが達成していて、プロ野球史上14人目です。

村上選手は7月31日、甲子園球場で行われた阪神戦で、第3打席から最後の第5打席にかけて3打席連続でホームランを打っていました。

村上選手は2日夜、神宮球場で行われている中日戦に4番・サードで先発出場し、1回の第1打席で中日の先発、柳裕也投手から38号ソロホームランを打ちました。

4打席連続ホームランは、過去に王貞治さんなどが達成していて平成9年に日本ハムのウィルソンさんが達成して以来25年ぶり14人目です。

これまでの「4打席連続」達成者は

これまで4打席連続でホームランを打ったのは13人で昭和39年に巨人の王貞治さんが1試合で達成しています。

また、昭和61年には阪神のバースさんが試合をまたいで4打席連続ホームランを打ったほか、直近では平成9年に日本ハムのウィルソンさんが1試合で達成しています。

ちなみにフォアボールなどを挟んでの、4打数連続ホームランはヤクルトの山田哲人選手など20人が達成しています。