40度予想も 2日は危険な暑さおそれ 大気不安定激しい雨も警戒

1日は各地で猛暑日となり、特に日本海側では気温が39度を超える危険な暑さとなりました。夜間も気温が下がらず熱帯夜が見込まれるうえ、2日は埼玉県で最高気温が40度と予想されるなど、さらに気温が上がる見通しで、熱中症の対策を徹底するようにしてください。一方、関東甲信や北日本を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降っていて、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

危険な暑さに 熱中症に警戒

気象庁によりますと、西日本と東日本を中心に晴れて強い日ざしが照りつけたほか、山越えの風が吹き降ろす際に乾燥して気温が上昇する「フェーン現象」も重なり、日本海側や内陸を中心に気温が上がりました。
日中の最高気温は、
▽福井県小浜市で39.1度、
▽鳥取県米子市で38.9度といずれも観測史上最も高くなったほか、
▽埼玉県熊谷市で38.4度、
▽新潟市秋葉区や兵庫県豊岡市で38度ちょうどなどと、
危険な暑さとなりました。

また、
▽京都市で37.2度、
▽高松市で36.7度、
▽福岡市で36.4度、
▽名古屋市で36.2度、
▽東京の都心で35.9度、
▽大阪市で35度ちょうどなどと全国の220の観測点で猛暑日となりました。

西日本と東日本を中心に2日朝にかけても気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されているほか、2日の日中は高気圧の勢力が強まり、1日よりもさらに気温が上がるところがある見込みです。
2日の最高気温は、
▽埼玉県熊谷市で40度、
▽岐阜市と甲府市、前橋市で39度、
▽名古屋市やさいたま市、鳥取市で38度、
▽福岡市や岡山市、京都市、福井市で37度、
▽東京の都心や大阪市、高松市で36度などと予想され、命に関わる危険な暑さになるおそれがあります。
日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、我慢せず冷房を適切に使用する、夜、寝る際は枕元に「常温」の水を置いてこまめに水分を補給する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど熱中症の対策を徹底するようにしてください。

大気不安定 非常に激しい雨も

一方、北日本では前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるほか、関東甲信などでは気温の上昇の影響も重なり、大気の状態が非常に不安定になっています。

午後9時までの1時間には▽国土交通省が群馬県下仁田町に設置した雨量計で54ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、北海道や青森県ではこの24時間の雨量が100ミリを超える大雨となっているところがあります。

これまでに降った雨で、福島県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

北海道と東北北部ではこれから2日にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、関東甲信では1日夜遅くにかけて局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意が必要です。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。