フェンシング世界選手権 女子サーブル団体 日本が初の銅メダル

エジプトのカイロで行われたフェンシングの世界選手権の女子サーブル団体で、日本がこの種目で初めてとなる銅メダルを獲得しました。

フェンシングの世界選手権は大会最終日の23日、女子サーブルと男子フルーレの団体が行われました。

このうち女子サーブルで日本は個人でこの大会金メダルを獲得した江村美咲選手、それに福島史帆実選手、小林かなえ選手、尾崎世梨選手の4人で臨み、準々決勝ではアメリカに勝ちました。

準決勝は世界ランキング1位のフランスに2点差で競り負けましたが3位決定戦ではスペインを45対43で破り、銅メダルを獲得しました。

日本フェンシング協会によりますと、この種目で日本がメダルを獲得するのはオリンピックと世界選手権を通じて初めてだということです。

江村選手は「準決勝で最後に逆転されてしまったのは本当に悔しかったが、そこから切り替えてメダルを獲得できたので最後は笑って終わることができた。誰かがうまくいかなくても、他のメンバーでカバーし合えるいいチームでパリオリンピックへの手応えを感じている」と話していました。

日本は男子フルーレ団体も3位決定戦に進みましたが、フランスに30対45で敗れて4位でした。