フィギュアGPシリーズ第6戦 ロシアに代わりフィンランドで開催

ISU=国際スケート連盟は14日、ことし11月にロシアで行われる予定だったフィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦についてロシアに代わってフィンランドで開催すると発表しました。

フィギュアスケートのグランプリシリーズはことし10月から11月にかけて日本やアメリカ、カナダなどであわせて6つの大会が行われます。

このうち第6戦は当初、ロシアで行われる予定でしたが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて取りやめとなり、国際スケート連盟はほかの都市での開催を目指して開催地の立候補を募っていました。

その結果、国際スケート連盟は14日、第6戦をフィンランドで開催すると発表しました。大会は11月25日から27日にかけて行われるということです。

また、中国で行われる予定だった第4戦は新型コロナウイルスの影響で中止となっていて、国際スケート連盟は代替地を検討しています。

日本では、第5戦のNHK杯が11月18日から20日にかけて札幌で開催される予定です。