英 保守党の党首選 前財務相が再びトップ 5人が3回目の投票へ

イギリスのジョンソン首相が辞意を表明したのに伴って行われている与党・保守党の党首選は、候補者を絞り込むための2回目の投票の結果、スナク前財務相が再びトップに立ち、あわせて5人が3回目の投票に進みました。

イギリスのジョンソン首相は、今月7日、与党・保守党の党首を辞任する意向を表明し、後任が決まりしだい、首相の座も退くことを明らかにしています。

これに伴って保守党では、後任を選ぶ党首選が行われていて、候補者を絞り込むため、下院議員による2回目の投票が14日、行われました。

その結果、立候補している6人のうち、▼スナク前財務相が101票を獲得して、1回目の投票に続いて再びトップに立ちました。

このほか、▼モーダント通商政策担当相が83票、▼トラス外相が64票、▼ベーデノック前住宅担当相が49票、そして▼トゥゲンハット議会下院外交委員長が32票となり、あわせて5人が3回目の投票に進みました。

一方、▼ブレーバーマン法務長官は27票と、得票が最も少なく、次の投票には進めませんでした。

3回目の投票は、週明けの18日に行われる予定で、その後も最下位の候補者が脱落する形で投票が繰り返され、来週半ばまでに2人に絞り込まれる見通しです。

ジョンソン首相の後任となる新しい党首は、全国の党員による決選投票を経て9月5日に発表される予定です。