大相撲 名古屋場所6日目 ただ1人5連勝の逸ノ城は大関 御嶽海と

大相撲名古屋場所は6日目、14日に横綱 照ノ富士を破り、ただ1人勝ちっ放しの平幕 逸ノ城は大関 御嶽海との一番です。

前頭2枚目の逸ノ城は5日目の14日、横綱 照ノ富士から金星を挙げ、ただ1人初日から5連勝としました。

6日目の15日は大関 御嶽海と対戦します。

過去の対戦では逸ノ城が6勝14敗と負け越しています。

ただ、今場所の逸ノ城は200キロを超える体重を生かした力強い相撲が光っていて、御嶽海の出足を受け止め得意の右四つに組む展開に持ち込むことができるかがポイントになりそうです。

一方、角番の御嶽海はすでに3敗を喫していますが、鋭い立ち合いから攻め込んで、大関の力を示したいところです。

2敗に後退した照ノ富士は幕内最年長の37歳、前頭3枚目の玉鷲との対戦です。

過去の対戦では照ノ富士が10勝8敗と勝ち越していますが、直近の対戦では3場所連続で金星を許しています。

照ノ富士は立ち合いで踏み込んで、玉鷲の出足を止めて四つに組む展開に持ち込めるかがポイントです。

玉鷲は強烈に当たって一気に押し込めばチャンスが広がり、昭和以降で3人目となる4場所連続の金星獲得なるか注目されます。