スリランカ大統領 議長に辞表を提出 きょう辞任の見通し

経済危機が続くスリランカで抗議活動が激しさを増す中、国外に脱出したラジャパクサ大統領は、議会の議長に辞表を提出し、正式に受理されれば、15日辞任する見通しとなりました。最大都市のコロンボでは、大統領の辞任を求めていた市民が喜びにわいていました。

経済危機が続くスリランカのラジャパクサ大統領は、当初、13日辞任する意向を示していましたが、辞任しないままモルディブに脱出し、シンガポールの国営メディアによりますと、14日、シンガポールに到着したということです。

シンガポール外務省は「大統領の私的な訪問を許可した。彼は亡命を求めなかった」とするコメントを出しました。

こうした中、スリランカ議会の議長室は「大統領の辞表を受け取った。有効なものと確認され法的な手続きが整えば、15日に正式に発表する」との声明を14日夜発表し、辞表が正式に受理されれば、ラジャパクサ大統領は15日辞任する見通しとなりました。

最大都市のコロンボでは、大統領の辞任を求めていた市民が集まって踊るなど喜びにわいていました。

スリランカでは、今月9日以降、大統領や政府に対する抗議活動が激しさを増し、政府は14日、コロンボに外出禁止令を出していました。

ラジャパクサ大統領が辞任すれば、10年以上にわたって実権を握ってきた大統領一族による政権が崩壊することになりますが、政治的な混乱が収まるのかは不透明な情勢です。